August 21, 2014
"コブクロの小さい方が「涙という字には『戻』、泣くという字には『立』が入ってますよね。きっと、人は立ち戻るために泣くんですよね」みたいな話をしてて、ああ、私はコブクロのこういうところが大嫌いなんだ、って再確認"

Twitter / fukazume_taro (via igi)

(via gkojax)

August 20, 2014

(Source: skytheproducer, via kkriiuu)

August 20, 2014
motorcycles-and-more:

Wrenchmonkees #36

motorcycles-and-more:

Wrenchmonkees #36

(via 58thingsaboutme)

August 20, 2014
dezeen:

Reader comment: “Bye bye fingers” 

dezeen:

Reader comment: “Bye bye fingers” 

August 17, 2014

voxamberlynn:

lexbots:

the pumpkin king / sally

Okay, but holy shit, THIS IS UNREAL.

(via aspara)

August 17, 2014

(Source: juliatodhunterphotography, via ampll)

August 17, 2014
"

594 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/15(木) 15:37:23.71 ID:MayHtAO9
このスレでいいのか分からないけど。
祖父が戦争の時に相当な修羅場をくぐり抜け、
しかもその事が本になって出版されてたことに衝撃受けた。

祖父が満洲にいたことは知ってたんだが、
シベリア行きが確定してしまい友人と逃亡したのは知らなかった。
なんでも2~3日は友人たちと逃亡生活を過ごしたけど、人数いると目立つからということで
別れわかれに。
祖父は一週間(祖父の感覚では)ぐらい彷徨い、やっと船に潜り込んで日本に帰国したんだって。
逃亡中、現地の中国の人々が匿ってくれたりご飯わけてくれたりしたから、
祖父は中国には足を向けられないと言っていた。

何より衝撃だったのは、祖父はあまり戦争の事を話さなかったんだけど、
話すようになったキッカケが、逃亡中途中で別れわかれになった戦友から、
今も元気であるという手紙が先日届いたから。
相手方が長い間かけて、祖父の無事を信じて
祖父の消息を探し続けてくれたらしい。
手紙読みながら普段泣かない祖父が、号泣して膝ついたのに驚いた。
祖父が泣きながら「やっと戦争が終わった」と呟いたのが心に残った。
じいちゃん、すげえドラマ。

"

やっと戦争が終わった - コピペ運動会 (via gkojax)

(via gkojax)

August 17, 2014

(Source: folha-de-maconha, via meggyb0o)

August 17, 2014
highlandvalley:

Twitter / wataru_spica: 川崎のモスの看板、読んでるこっちもつらくなる。 http:/ …

highlandvalley:

Twitter / wataru_spica: 川崎のモスの看板、読んでるこっちもつらくなる。 http:/ …

(via torefurumigoyo4)

August 17, 2014
hauteinnocence:

Camille Rowe by Christophe Meimoon
Madame Figaro June 2014

hauteinnocence:

Camille Rowe by Christophe Meimoon

Madame Figaro June 2014

(via abcbabcba)